【簡潔】AT車とMT車の違いとは

マニュアル車のシフトレバーの写真

まだあまり車に詳しくないような方でも、AT車(オートマ)、MT車(マニュアル)と言う言葉は聞いたことがあるのではないかと思います。

ですが、その二つの違いを上手に説明できるでしょうか?今回の記事を読んでぜひAT車とMT車について説明できるように知識を深めていってください!

オートマ(AT)、マニュアル(MT)とは?

まず、ATとは「オートマチックトランスミッション」、MTとは「マニュアルトランスミッション」の略のことです。

その名の通り、AT車はMT車に比べると操作が少なく比較的楽に運転することができると言えます。AT車はある程度自動で判断しギアチェンジを行いますが、MT車の場合はギアチェンジの操作を自分で行います。両者の運転方法には、シフトレバーの操作、アクセル、クラッチ(AT車にはない)の操作に違いがあります。

また、MT車の免許を持っているとAT車の運転もすることができますが、持っているのがAT車の免許だけですとMT車の運転はすることができません。

そもそも、トランスミッションとは?

トランスミッションというのは変速機とも呼ばれる、大小様々な軸や歯車で構成された、エンジンから生み出される回転する力を車輪に伝える動力伝達装置のことを指します。

自動車におけるこのトランスミッションの役割は、自動車の走行状況に応じて、動力を最も適した伝え方で車輪に伝え、必要な駆動力を作り上げることです。

自転車でいうギアチェンジと同じですね!漕いでペダルを回した分の回転する力を一番走りやすいギアに変えるわけです。

AT車とMT車の運転方法の違い

古い車の運転画像
AT車とMT車の運転方法はハンドル操作や発進後のアクセル、ブレーキの操作は基本的に同じですが、発進時、変速時、停止時のシフトレバー操作と発進時のアクセル・クラッチの操作に違いがあります。

AT車の発進
①ブレーキを踏んだままサイドブレーキを外す。
②レバーをドライブ(D)に入れる。
③ブレーキを離してアクセルを踏む。
これだけです!

MT車の発進
①ブレーキを踏んだまま、レバーをローギア(1)に入れる。
②ブレーキを踏んだまま、サイドブレーキを外す。
③アクセルを少しだけ踏む。
④クラッチを奥まで踏む。
⑤アクセルはそのままでクラッチを半分くらいまでゆっくり離す(半クラ)。
⑥スピードが出てきたらクラッチは話してアクセルを踏み込む。

AT車の変速方法
①運転中に、レバーをローギアに入れるだけ!(もしくはローギアからドライブ(D)にもどす)。
※基本的には、上り坂でスピードが落ちた時や、下り坂で強いエンジンブレーキ(アクセルを離すとブレーキを踏まなくてもスピードを落としていくことが出来る)が必要な時につかいます。

MT車の変速方法
①運転中に、アクセルを離し、すかさずクラッチを踏み込む。
②レバーを、入れたいギアに変える。
③ゆっくりとクラッチを離し、アクセルを踏む。
※コツは、変速前にしっかりと次のギアのスピードに合わせておくことです。そうすることで、変速時のがくつきを軽くすることができます。また、ギアを上げていく時はひとつずつあげますが、ギアを下げていく時は急激にスピードを落とす時など、ひとつ飛ばしでギアを変えることもあります。

AT車の停止方法
①ブレーキを踏む。これだけです!
※なるべくエンジンブレーキでスピードを落としておくと、燃費のいい走りができます。

MT車の停止方法
①ブレーキでスピードを落としていく。
②スピードが落ちてきたらクラッチを奥まで踏み込む。

免許を取るならどっち?

これから免許を取るよと言う人はAT車の免許を取るかMT車の免許を取るかで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。これに関してはもちろん人によりますので、どっちの方がいい!と言うのはありません。しかしどちらにも利点と不利点がありそれらを挙げてみるので、ぜひ参考にしてみてください!

AT車の免許を取るメリット
・運転が簡単
・免許取得にかかる金額が少し安い
・渋滞でも停止や発進にいちいち疲れることがない(少ない)

AT車の免許を取るデメリット
・MT車しかない車種に乗れない
・欧州など他国ではMT車が主流の国もあるため、訪れた際に運転できる車が見つからないこともある

MT車の免許を取るメリット
・MT車やAT車を気にせずに好きな車に乗ることができる
・MT車が主流の国を訪れてもすぐに運転できる車が見つかる
・輸送系や工事系の車は仕組み上MT車が多いが、運転できるため仕事で使える可能性が高い

MT車の免許を取るデメリット
・運転が難しく、MT車の運転中は渋滞などでストレスが溜まることもある
・免許取得にかかる費用が少し高い
・日本でのMT車の生産割合は今ではおよそ1%なので、気に入る車がMT車である可能性は低い

このように、どちらにも利点や不利点があるので、こちらを参考に自分に合った免許を取るようにしてください!

最後に

今回はAT車とMT車のさまざまな違いについて大まかに説明しましたがいかがだったでしょうか。もし追記するべきことや誤りがあるようでしたらコメントで教えていただけると嬉しいです!

変速のタイミングやAT車とMT車の仕組みの違いなどの詳しいことはまた今後の記事で書く予定です!

ここからはプロモーションになりますが、、

車について詳しくなりたいという方は多いのではないでしょうか。僕もその一人です。
そんな方には是非このブログを見ていただきたいです!
このブログでは僕が一から車について詳しくなっていく過程を共有しているので、一緒に詳しくなっていきましょう!!最後には毎回車についての豆知識を一つ紹介しているので、もう車について詳しいよという方も是非楽しんでいってください^^

今回の豆知識

AT車にはATF(オートマチックトランスミッションフルード)という、動力の伝達、潤滑、冷却などのさまざまな役割を担うオイルが使われており、これは、運転中に高温に晒されたり、摩耗鉄粉などによって劣化汚染したりします。劣化したまま使い続けてしまうとその周辺機構まで悪くしてしまうので早めのオイル交換が望ましいです。

夏の運転中に渋滞に捕まってしまってなかなか進まない時などはレバーを「D」にしたままブレーキを踏んで止まっているとATFが高温に晒され劣化が早まってしまうので、レバーは「N」に入れてブレーキを踏んで止まっているようにすると、ATFの持ちをよくすることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました